re-za-byouinn

黒ずみにレーザーを当てたいけど怖い、、本当に大丈夫だろうか。

 

黒ずみ治療の最後の砦となるのがレーザー治療でしょう。特に黒ずみで長い間悩んでいる人は、誰しも一度はやってみたいと考えたことがあるはずです。

 

そこで今回は、ぶっちゃけたレーザー治療のメリット・デメリットとは何なのか、詳しくお伝えしていきます。

 

そもそもレーザー治療の仕組み

まず実際に黒ずみにレーザーを当てるとなったら、多くの場合『YAGレーザー』というものを当てていくことになります。

 

YAGレーザーは、肌に沈着しているメラニンにだけ反応するレーザーで、メラニンを焼き焦がしていきます。

 

するとレーザーが当たった部分がかさぶた化していき、時間が経つと、そのかさぶたが皮膚から剥がれ落ちていき、かさぶたが剥がれた分だけ黒ずみが薄くなるということです。

meraninn

 

ただ、黒ずみは図のように肌表面にだけあるのではなく、肌深部にまであります。なので、繰り返しレーザーを当てて、肌表面から深部にまである変色した肌細胞を剥がし落としていかないと、黒ずみは確実に薄くなりません。

 

レーザー治療のメリット

レーザー治療のメリットを一言で表すと『効率の良さ&効果の高さ』です。

 

レーザー治療は現時点で、『黒ずみ治療の最高峰の技術の集積』です。ぶっちゃけた話し、美容外科産業は儲かります。。なので医療機器メーカーでは日々様々な技術開発が行われています。

 

レーザーは、その年々向上する最高の医療技術を受けるということなのです。なので、効果の高さはやはり最高のものが期待できます。

 

人によっては1回の照射でも目に見えて黒ずみの薄さが実感できるでしょう。ペースとして2~4週間に1度のペースで照射していくので、ものの数ヶ月で、はっきりと治療効果を感じることができます。

 

また、レーザー治療自体の技術が年々進歩しているので、他の健全な肌細胞を傷つけることはほぼありません。

 

レーザー治療のデメリット

demeritto-nayami

料金の高さ

レーザー治療は、黒ずみ治療の最高峰の技術の集積。つまりそれだけ最高の治療を受けようとすると、それ相応の費用が発生するということです。つまり『お金』です。

 

というか、レーザー治療を受ける際に、二の足を踏んでしまう最大の理由はお金しかないでしょう。レーザー治療の一般的な相場は次の通りです。

 

1回:3~5万円

治療回数:5回~10回

 

場所にもよりますが、ちゃんと黒ずみを治そうと思ったら約20万円は必要だということです。やはり高いです。

 

結局のところ、黒ずみを確実に治したいのであれば、レーザー治療か美白化粧品かどちらか1つです。

 

そこで、『効率の良さ&効果の高さ』を求めるのであれば、レーザー治療。『お金をかけない着実性』を求めるなら美白化粧品になります。

 

赤み・色素沈着の危険性

意外と考えている人が少ないのですが、レーザー治療には副作用の危険性もあります。

 

肌細胞を焼ききるほどの高出力のものを肌に当てるわけですから、危険性がゼロなわけではありません。

 

肌に炎症が起きて赤みが発生して、なかには長い間赤みが引かずに治らない人もいます。またレーザーを照射した際の強い刺激によってメラニンが発生してしまい、色素沈着が残ってしまう可能性もあります。

 

黒ずみを治すつもりが、逆に黒ずみが残ってしまうという考えられないことですが、実際にはありえます。

 

以前に比べるとレーザー機器自体の性能も上がっているので、このような副作用が起きる可能性自体はとても少なくなっています。

 

ただ、もしレーザーを当てるとなったら、もしかしたらこういったことが起きてしまう可能性もある、ということは覚えておきたいです。

 

脇黒ずみ『予防』『改善』パーフェクト講座