oronainn1

オロナインって脇黒ずみに効果あるの??

 

どこのご家庭にも必ず1つはある万能アイテム『オロナイン』。家にあるもので手軽に黒ずみを治したいと考えている人は、試したくもなると思います。

 

ただ、実際にオロナインで本当に黒ずみは治るのか成分から検証してみました。

 

黒ずみを治すために必要なこと

meraninn

まず、黒ずみを治すためには以下の3つのいずれかの効果が必要です。

 

・メラニン自体を薄くする

・メラニンを作り出すメラノサイトの働きを弱める

・皮膚のターンオーバーを促し、変色した皮膚を剥がしていく

 

黒ずみというと皮膚表面だけ、変色していると思っている方も多いですが、実際は肌深部から表面にかけて層状に変色した肌細胞が連なっている状態です。

 

なので、黒ずみを確実に治すためには2つ目の『メラニンを作り出すメラノサイトの働きを弱める』働きがポイントになってきます。

 

オロナインの有効成分

それでは具体的にオロナインの有効成分を見ていきましょう。

 

オロナインの有効成分は

 

・クロルヘキシジングルコン酸塩液

 

という1種類の成分です。これは肌の炎症を抑えたり、細菌を殺菌する効果があります。

 

他に有効成分ではないですが、添加物として、次のようなものが配合されています。

 

・ラウロマクロゴール⇒界面活性剤で水と油をくっつける作用・洗浄作用

・ポリソルベート80⇒ココナッツオイル由来の界面活性剤

・硫酸Al/K・マクロゴール⇒キメを整えて、肌を引き締める効果

・グリセリン⇒水分を呼びこむ効果

・オリブ油⇒保湿効果

・ステアリルアルコール⇒界面活性剤・保湿作用

・サラシミツロウ⇒界面活性剤

・ワセリン⇒肌の保護作用・水分蒸発を防ぎ保湿作用

・自己乳化型ステアリン酸グリセリル⇒界面活性剤・保湿作用

 

これらのどの成分にも、メラニンを薄くしたり、メラノサイトの働きを弱める作用を持つ成分は含まれていません。

 

つまりオロナインで黒ずみを薄くすることは不可能だということです。

 

皮膚の状態が悪化する恐れも

オロナインは黒ずみが治らないばかりか、使用し続けることで皮膚の状態が悪化する恐れもあります。

 

触ってみるとよく分かりますが、オロナインは油性分がとても多い薬です。

 

なのでへたに塗り続けると、油が毛穴を塞ぐことで、ぶつぶつの原因になります。またニキビの最大の原因であるアクネ菌は油をエサとして増殖してくので、脇ニキビを引き起こすことにも繋がります。

 

ついつい、手軽に簡単に治したいと思ってしまい、身近にあるものや手軽に手に入る市販品などに頼ってしまいがちです。

 

ただ、当サイトでも様々な市販ケア商品を成分から効果を検証していますが、ほとんどが全く効果のないものだったり、あったとしても、ちゃんと黒ずみを治していくのはほぼ不可能だと思うものばかりです。

 

やはり、確実に黒ずみを治していのであれば王道の方法を行うべきです。当サイトは、黒ずみ治療として

 

・お金がある人はレーザー治療

・ある程度時間をかけても良いので着実に治したいという人には、美白化粧品

 

をおすすめしています。ぜひお試し下さい。

 

脇黒ずみ『予防』『改善』パーフェクト講座