ninnsinn-sanngo1

妊娠中に黒ずみが増えた気がするけど関係あるの??

 

妊娠中や産後、自分でも気づかないうちに、黒ずみが増えてしまって、悩んでいる女性はとても多いです。

 

そこで今回は妊娠中や産後に脇黒ずみが増えてしまう原因や予防法についてお伝えしていきます。

 

妊娠中や産後に黒ずみが増えてしまう原因

妊娠していない通常の場合、女性は周期的にホルモンバランスが変化していきます。生理周期前半はエストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌量が多く、生理周期後半はプロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌量が増えます。

 

ただ、妊娠中や産後直後までは、赤ちゃんが成長しやすいよう子宮内の状態を整えるために、プロゲステロンの分泌量が圧倒的に多くなります。

 

これが妊娠中や産後に黒ずみが増えしまう原因です。プロゲステロンには基礎体温を上昇させたり、胎盤の状態を安定させたりする役割がありますが、『メラノサイトの働きを強める』という役割もあります。

 

meraninn

メラノサイトとは黒ずみの原因となるメラニンを作り出す細胞です。メラノサイトは紫外線を浴びる以外にも、刺激を受けることでメラニンを作り出す働きがあり、体の中でも特にデリケートな場所、脇・お尻・乳首・Vラインなどはメラニンの増加が起きやすいです。

 

つまり妊娠中や産後直後は、ちょっとした刺激でもメラノサイトがメラニンを作り出すようになるので、黒ずみが発生しやすくなるということです。

 

妊娠中の黒ずみ予防法

waki1

妊娠中の過ごし方次第で、その後の黒ずみの濃さが変わってくるというのは充分に考えられることです。

 

そのためにはなるべく黒ずみを作らない予防がとても大切になってきます。

 

・そもそも刺激を与えない

・刺激に強い肌を作る

 

そもそも刺激を与えない

男性が脇の皮膚を気にしないというのもありますが、そもそも脇黒ずみに悩む女性が多い理由の1つに『剃毛処理』の習慣があります。

 

毛を抜く・剃る・除毛クリームを塗るなど色々な方法がありますが、これら全て皮膚への負担はとても大きいです。

 

元々脇の皮膚は他の場所と比べても、皮膚が薄いつくりになっているので、余計刺激が伝わりやすく、メラニンが発生しやすいのです。

 

なので、妊娠中は通常の場合よりも特に丁寧な剃毛が必要です。特に毛を抜くのは皮膚へのダメージがとても大きいので、絶対に控えましょう。

 

刺激に強い肌を作る

通常の日常生活を送るうえで、脇への刺激を完全に防ぐことは不可能です。

 

なので、ある程度、脇へ刺激が伝わるのは前提として、それでも黒ずみが発生しないような対処を行っていくことがとても大切です。

 

そのためには普段から美白化粧品を塗っていくことが必要です。美白化粧品にはメラニン色素を薄くするのはもちろんのこと、メラニンを作り出すメラノサイトの働きを弱める効果もあるので、予防法としてはとても良い方法です。

 

また美白化粧品を使うことで、脇の皮膚の乾燥を防ぎ、皮膚の防御機能を向上させることにも繋がります。

 

乾燥した肌というのは、バリア機能が低下している状態なので、外部からの刺激も伝わりやすく、メラニンが発生しやすいです。

 

特に妊娠中で、乾燥肌持ちの人は、ダブルでメラニンが発生しやすくなるので、美白化粧品を使うのは必須です。

 

脇黒ずみ『予防』『改善』パーフェクト講座