shoukai-kaisetu

なんで私には黒ずみができてしまうの、、

 

女性の半分は悩んでいるとされている『脇の黒ずみ』

 

今回はそんな脇黒ずみの原因について徹底解説していきます。

 

脇黒ずみの3大原因

冒頭にも書きましたが、実は脇黒ずみに悩む女性は想像以上にとても多いです。なんと女性の半分は脇の黒ずみに悩んでいるとされています。

 

というのも脇は皮膚の構造上、黒ずみが発生しやすい場所なのです。そしてその脇黒ずみが発生してしまう原因は、次の3つのいずれかに必ず当てはまります。

 

①摩擦による刺激

②乾燥

③角質や皮脂の詰まり

 

それでは1つづつ詳しく見ていきましょう。

 

①摩擦による刺激

摩擦により黒ずみが発生する原因

脇黒ずみの最大の原因が『摩擦による刺激』です。脇黒ずみのほとんどが摩擦による黒ずみといっても良いくらいです。

 

meraninn

そもそもどうして摩擦によって黒ずみが発生してしまうのかですが、肌は外部から刺激などを受けると、刺激から肌を守るためにメラニンを作り出す働きがあります。

 

このメラニンを作り出しているのがメラノサイトで、外部からの刺激でメラノサイトがメラニンを作り続けると、変色した皮膚がどんどん増えていき、肌が黒ずんでくるのです。

 

ただ、摩擦による刺激と一口に言っても要因は本当に様々で、多くの人が複数の摩擦要因によって黒ずみが発生しています。

 

脇黒ずみに悩む人が多い理由

どうしてここまで脇黒ずみに悩む人が多いのかというと、脇の皮膚の構造にあります。脇の皮膚は肩の動きと連動していますが、肩は手首や肘と比べて、とても可動域の大きい関節です。

 

そんな可動域の大きい動きに対応するために脇の皮膚は伸縮性があり、柔らかく、薄い構造になっています。

 

皮膚が薄いということは当然、それだけ刺激が皮膚に伝わりやすくなり、メラニンが発生しやすい状態ということです。

 

また脇の皮膚は普通に生活していても、常に引っ付いたり離れたりして、皮膚が擦れやすいので、通常の生活を送っているだけでも黒ずみは発生してしまいます。

 

女性特有の黒ずみ要因

ここまで摩擦による黒ずみ発生要因として、

 

・皮膚が薄く刺激が伝わりやすく、メラニンが発生しやすい

・通常の生活を送るだけでも、皮膚が擦れてメラニンが発生する

 

ことを説明しましたが、女性の場合これに加えてさらに脇黒ずみが発生しやすい原因があります。それが『毛の剃毛処理』です。

 

ワキ毛を抜くにしろ、剃るにしろ、除毛クリームを使うにしろ、全て脇の皮膚には大きな負担がかかり、メラニン発生の原因になってしまいます。

 

またほとんどの女性がこれらの行為を定期的に繰り返し行なっているので、メラニンは着実に蓄積していってしまうのです。

 

②乾燥

kannsou2

次に考えられるのが『乾燥』です。

 

脇は汗腺が多く、湿りやすいので乾燥が起きている人は比較的少ないですが、油断できない原因です。

 

肌は乾燥すると角質層に異常が起き、バリア機能が低下することで、外部からの刺激に弱い肌になってしまいます。

 

すると、バリア機能が低下した分、通常での生活で脇への刺激が伝わりやすくなってしまうので、黒ずみが発生しやすくなってしまいます。

 

③角質や皮脂の詰まり

hada-nayami1

角質や皮脂の詰まりによる黒ずみは、摩擦や乾燥による黒ずみとは全く種類の違うものになります。

 

摩擦や乾燥による黒ずみが、メラニンの蓄積によって発生する黒ずみだったのに対して、これは毛穴の中で角質や皮脂が詰まり、酸化することで発生する黒ずみです。

 

つまり皮膚自体が黒くなっているのではなく、毛穴に詰まった角質や皮脂が酸化し変色することで、毛穴がポツポツ黒ずんで見える状態です。

 

分かりやすく言えば、イチゴ鼻と同じ状態が脇にも起きているということです。

 

ただ、だからといって治し方が両者で違うのかと言えば、そうではありません。当サイトでは美白クリームを塗り続けることが、着実に黒ずみを解消する王道の方法として紹介していますが、角質や皮脂の詰まりによる黒ずみも同じです。

 

美白クリームには、美白成分以外にも、様々な保湿成分やターンオーバーを整える成分などが含まれているので、これらの成分によって角質が正常に働きだします。

 

すると余分な皮脂や角質が発生しなくなるので、黒ずみが悪化するのを防ぐことができます。すでにできてしまった黒ずみに関しては、体を洗う際に定期的に脇も優しく泡でこすってみてください。

 

少しづつですが、黒いポツポツがなくなっていくはずです。

 

脇黒ずみ『予防』『改善』パーフェクト講座