remonn-bitaminn

ビタミンCはシミや黒ずみに効果あるって聞くけど本当なの?

 

シミ=ビタミンC それくらいビタミンCはシミに効果的だというイメージが強いですが、黒ずみには効果的なのか検証してみました。

 

シミ=黒ずみ?

冒頭でも述べたように、ビタミンCというとシミのイメージが強いですが、まずシミと黒ずみは同じものです。

 

シミの場合、多くが紫外線を原因とするメラニン色素の沈着が原因なのに対して、黒ずみは日々の生活による皮膚の擦れや剃毛処理による刺激により、メラニン色素が沈着することによって発生します。

 

つまり、どちらも結局はメラニン色素が肌に沈着していることで肌が茶色っぽく、黒っぽく変色しているのです。

 

黒ずみを治すために必要なこと

meraninn

黒ずみを治すためには次の3つのいずれかのことを行う必要があります。

 

①メラニン自体を薄くする

②メラニンを作り出すメラノサイトの働きを弱める

③皮膚のターンオーバーを促し、変色した皮膚を剥がしていく

 

ビタミンCの効果

remon-bitaminn

それでは本題ビタミンCの黒ずみへの効果についてですが、ビタミンCには

 

①メラニン自体を薄くする

②メラニンを作り出すメラノサイトの働きを弱める

 

効果が期待できます。つまりビタミンCは黒ずみを解消するのに有効だということです。ただ、このようなことをする人はいないと思いますが、ビタミンC自体を肌に塗っても、効果は全くありません。

 

ビタミンCを肌に浸透させて黒ずみを解消していくためには、『ビタミンC誘導体』という成分を使う必要があります。ビタミンC誘導体は通常なら肌にほとんど浸透しないビタミンCを、肌に浸透しやすいよう改良を加えた人工的な成分です。

 

最近では化粧品に含まれているものも多くなってきましたが、実際化粧品には以下のように表示されるので、購入する時は、しっかり裏面の成分表示を確認しておきましょう。

 

リン酸アスコルビルMgマグネシウム(水溶性)

リン酸アスコルビン酸ナトリウム(水溶性)

テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(油溶性)

アスコルビン酸-2リン酸-6パルミチン酸

 

1番と2番目の成分は水溶性で化粧水に含まれていて、3番目の成分は油溶性でクリームや乳液などに含まれています。

 

そして4番目の成分APPS(アプラシエ)は進化型のビタミンC誘導体で、通常のビタミンC誘導体の2倍の浸透力を持っています。

 

ビタミンCで脇黒ずみは治る?

上で説明したように、ビタミンC誘導体にはシミを薄くして、シミを作り出す元のメラノサイトの働きを弱める働きがあるので、黒ずみを薄くする効果はあります。

 

なので、黒ずみを治したいと思っている方はビタミンC誘導体を使って頂いて構いません。

 

ただ、より確実に・速く黒ずみを治したいという方には、脇専用の美白化粧品をオススメします。

 

というのも、同じ薬でも人によって効き目が違うように、ビタミンC誘導体も人によって効果がまちまちだからです。なのでビタミンC誘導体の相性が良くない人はいくら塗っても、なかなか効果が出ないでしょう。

 

それに対して、専用の美白化粧品は、ビタミンC誘導体を含んだ、複数の美白成分が含まれているので、複数の成分が様々な角度から黒ずみを排出してくれます。

 

なので当然その分黒ずみが治るスピードも確実性も上がります。やはり確実に黒ずみを治したいのであれば、まずは王道の専用化粧品を使っていくことをオススメします。

 

脇黒ずみ『予防』『改善』パーフェクト講座