bebi-powder

ベビーパウダーで黒ずみが治るのは本当なの?

 

ネットで黒ずみに関する情報を集めていると、ベビーパウダーを使った様々な黒ずみ対策が紹介されています。

 

どの記事も軽く説明しただけで、効果が期待できるみたいなことが書かれていますが、本当なのでしょうか。効果を徹底検証です。

 

ベビーパウダーの主成分

ベビーパウダーは主に次の2つの成分からできています。

 

コーンスターチ

タルク

 

コーンスターチはとうもろこしから作られたデンプンの一種です。非常に細かい粒子でできているので、水や皮脂などを吸収しやすい性質があります。

 

タルクは滑石という天然石を細かい粉末状に加工したもので、粉末がとてもなめらかなので、素材をムラなく混ぜ合わすことができる役割を果たしています。

 

ベビーパウダーで黒ずみ解消

waki

ネット上ではこのベビーパウダーを使った黒ずみ解消法として、主に次の2つが取り上げられています。

 

・ベビーパウダーパック

・ボディーソープなどに混ぜて洗う

 

ベビーパウダーパック

ベビーパウダーパックとは、牛乳などにベビーパウダーを混ぜて、ヨーグルト状にして、顔に10分ほどパックする方法です。

 

ベビーパウダーに含まれているコーンスターチに皮脂などの汚れを吸収する効果があるので、パックすることで、毛穴の汚れを吸着して美白効果があるとのことです。

 

一見すると、もっともらしい事が書かれているような感じもしますが、この方法で黒ずみを治すことは不可能です。

 

というのは脇黒ずみは、毛穴の汚れによるものではなく、大部分が、メラニン色素が沈着することによる皮膚の変色だからです。

meraninn

 

皮膚の変色を改善するためには、黒ずみの元となっているメラニンを薄くするか、メラニンを作り出しているメラノサイトの働きを弱める必要があります。

 

ただ、ベビーパウダーにはメラニンやメラノサイトに働きかける成分は含まれていないので、変色した皮膚を改善することは絶対にできません。

 

つまり、ベビーパウダーパックで黒ずみが治ることは無いということです。

 

ボディーソープなどに混ぜて洗う

もう一つの方法として、ベビーパウダーをボディーソープや洗顔料などに混ぜ込み、脇を洗う方法があります。

 

ベビーパウダーには天然石のタルクが含まれているので、これを含ませて洗うことで、軽いピーリング効果と毛穴の汚れを取り除く効果が期待できるということです。

 

実際にピーリング石鹸などを使えば、肌表面の角質を溶かし新陳代謝を促すことで、黒ずみを薄くすることは可能です。

 

⇒脇黒ずみにピーリングがおすすめできない理由を徹底解説

 

ただ、ベビーパウダーに含まれているタルクは、本来ピーリングのために使われるものではありません。

 

また、ピーリング効果自体も非常に微々たるものなので、これで古い角質を剥がして黒ずみを薄くするまでの効果は期待できません。

 

コーンスターチに関しても、汚れを吸着する効果があるので、多少は毛穴の汚れなどが取れるかもしれませんが、だからといって美白効果というのは言いすぎです。

 

まとめ

黒ずみのメカニズムと、ベビーパウダーを成分から検証してみると、この程度で美白効果を期待することは絶対にできないということが分かります。

 

やはり黒ずみを治すためには王道の美白化粧品を使うか、お金をかけてレーザーを当てるか、どちらかを選ばれるのが確実な治療法です。

 

脇黒ずみ『予防』『改善』パーフェクト講座