uma

ここ数年、天然の保湿成分として非常に優秀であると馬油を使う人が増えてきています。

 

なかには黒ずみにも効果的だとして塗っている人もいるようですが、本当に馬油は黒ずみに効果があるのか。

 

成分から詳しい効果について検証していきます。

 

そもそも馬油とは

ba-yu1

そもそも馬油とは天然の保湿成分であり、その保湿力が高いということで近年使う人が増えてきている保湿剤です。

 

馬油の保湿力が優れている理由としてはその主成分に秘密があります。馬油の主成分は『馬セラミド』というものなのですが、このセラミドは肌の保湿にとても重要な役割を果たしています。

 

肌の保湿に関しては大きく分けて次の3つの成分で成り立っています。皮脂、NMF(天然保湿因子)、細胞間脂質。

 

中でも細胞間脂質は、肌の保湿の約80%に関わっていて、とても大きな役割を果たしています。

 

そしてこの細胞間脂質は主にセラミドからできているのです。つまり馬油の主成分であるセラミドは、保湿の大部分を担っているとても重要な主成分なのです。

 

馬油による高い黒ずみ予防効果

meraninn

黒ずみの最大の原因は日常生活による皮膚の擦れによって、刺激がメラノサイトに伝わり、メラニンが発生してしまうことです。

 

⇒脇黒ずみが発生してしまう3大原因について徹底解説

 

また乾燥肌も黒ずみには大敵です。乾燥した肌というのは、肌表面の角質層に異常が起き、バリア機能が低下している状態です。

 

なので、乾燥肌のままだと、バリア機能が低下している分、刺激がメラノサイトに伝わりやすくなってしまい、黒ずみが発生しやすくなります。

 

馬油を塗ることで、乾燥肌を抑えて、刺激がメラニンに伝わりにくい、強い肌を作ることができます。

 

また馬油は油性分でできているので、蒸発することなく、長時間にわたって肌に留まり続けます。普段から馬油を付けておくことで、肌の擦れが起きにくく黒ずみ予防に繋がります。

 

馬油で黒ずみを治すことは可能か

maru-batu

本来は高い保湿力と油性分であるという特徴を活かして、黒ずみ予防として高い効果を発揮する馬油ですが、黒ずみ自体を治すことはできるのでしょうか。

 

結論から書くと、『不可能ではない』という程度です。馬油には高い保湿効果の他に、

 

・抗酸化効果

・炎症を抑える効果

・ターンオーバー促進効果

 

があります。黒ずみを治すためには、黒ずみの元である、メラニンを直接薄くするか、肌の新陳代謝を促すことで、肌から黒ずんだ角質を剥がし落とす方法があります。

 

馬油にはターンオーバー促進効果があるので、肌の新陳代謝を促し、黒ずみを薄くする効果が期待できます。

 

馬油だけで黒ずみを治すことはできない

ただ、肌の新陳代謝を促す黒ずみ対策として代表的な方法としてピーリング治療がありますが、ピーリングでさえ、これだけで黒ずみを治すのには長い時間がかかります。

 

馬油のターンオーバー促進効果は、あくまでも本来の保湿効果の補助的なものでしかないので、これだけで黒ずみを解消するというのはほぼ不可能です。

 

まとめ

当サイトでは様々な市販商品の黒ずみへの効果について検証していて、効果がほぼデマであったり、全く意味のないものが多い中、馬油の予防効果はとても高いものがあります。

 

残念ながら、黒ずみ自体は治すことができませんが、美白化粧品を使って黒ずみを薄くしていきながら、併用で使うにはとてもおすすめです。

 

脇黒ずみ『予防』『改善』パーフェクト講座