attononn

アットノンで脇黒ずみは治るの??

 

脇黒ずみがある人の悩みは深く、ネットを見ていると、様々な市販商品が『黒ずみに効果あり!』なんて書かれていたりします。

 

しかし、実際のところは根拠があいまいだったり、本当に効果があるのか疑い深いものも多いです。

 

そこで今回は、傷跡・やけどの治療薬として有名なアットノンについて効果を検証していきたいと思います。

 

アットノンの効果とは?

そもそもアットノンがどうやって傷跡ややけどを治していくのかというと、アットノンに含まれている『ヘパリン類似物質』に理由があります。

 

ヘパリン類似物質は、肌に次の3つの効果があるとされています。

 

保湿:バリア機能を向上させることで肌に潤いを与える

血行促進:肌の新陳代謝を促し、肌再生を行う

抗炎症:炎症を抑える

 

脇黒ずみを治すために必要なこと

アットノンには保湿・血行促進・抗炎症作用があることは分かりましたが、大事なのは『結局これらの効果が黒ずみに効くのか』ですよね。

 

それでは実際に黒ずみを肌から消していくために、どのような効果が必要なのかというと、次の3つです。

meraninn

・メラニン自体を薄くする

・メラニンを作り出すメラノサイトの働きを弱める

・皮膚のターンオーバーを促し、変色した皮膚を剥がしていく

 

そして、アットノンで期待できる、黒ずみ解消効果は3つ目の『皮膚のターンオーバーを促し、変色した皮膚を剥がしていく』です。アットノンには肌の新陳代謝を促す作用があるので、その作用で黒ずみを剥がしていこうということです。

 

アットノンで黒ずみは治るのか

アットノンには黒ずみを治すための成分が入っていることは分かりました。ただ実際のところ、、アットノンだけで脇黒ずみを治していくのは『ほぼ不可能』です。

 

というのは図を見ていただいても分かるように、黒ずみというのは皮膚表面が黒くなっているのではなく、皮膚の深部から表面まで黒ずみの元であるメラニンがびっしり蓄積している状態です。

 

皮膚というのは24時間常に新陳代謝を行なっており、日々新しい皮膚に生まれ変わっています。それを少し薬の効果で新陳代謝のスピードを早めたくらいでは、黒ずみが消えることはあり得ません。

 

また多くの人は黒ずみはできたらそれで終わりと考えていますが、実際のところ、黒ずみというのは『発生し続けている』のがほとんどです。

 

つまり黒ずみがある箇所というのは今現在もメラノサイトが働いていて、メラニンを『作り続けている』のです。だから毎日肌が生まれ変わろうと、シミや黒ずみは残り続けるのです。

 

なので、いくら肌の新陳代謝を促し、古い皮膚を剥がしていこうと、内部から黒ずみの元が作られ続けている状態では、黒ずみが治ることはありません。

 

結論としては、アットノンに黒ずみ解消効果はない!ということです。

 

やはり、黒ずみを着実・確実に治していきたいのなら、黒ずみ専用の化粧品を使っていくのが一番手軽で近道です。

 

脇黒ずみ『予防』『改善』パーフェクト講座