脇黒ずみ変化バナー

当サイトでは、単に商品を紹介するだけでなく、

 

・どのようなプロセスで黒ずみが治っていくのか

・具体的に黒ずみを治す方法

・2度と黒ずみを作らないの予防法

 

など、なぜ黒ずみが発生し・具体的にどうやって治していくのか、黒ずみが発生してから治っていくまでの詳しい過程を全て包み隠さず、お伝えしていきます。

yajirusi

脇黒ずみケア実力ランキング2

ピューレパール ランキング
アットベリー ランキング
イビサクリーム1

yajirusi

モニターさんにピューレパールを使っていただきました。

IMG_5413-1

注文してから約2~3日で商品が届きます。

IMG_5415-1

なかにはピューレパールの他に、詳しいピューレパールの使い方や美脇を作るための様々な方法が紹介された、小冊子などが入っています。

IMG_5419-1

ピューレパールは香料・着色料・石油系界面活性剤が完全無添加ですので、良い意味で香りはほとんどしません。伸びは非常に良くて、少量でも脇にしっとりなじんでくれます。

ピューレパール使用前

脇黒ずみ1-1

ピューレパール使用前は、脇全体に色素沈着が起きて、黒ずんでいます。また長年の剃毛処理から、皮膚も荒れがちで、ざらついていました。ポツポツも全体的にあって、典型的な黒ずみ脇です。

1ヶ月後

脇黒ずみ4-1

毎日、朝・晩使用していますが、1ヶ月では黒ずみに変化なしです。ただ、写真では分かりにくいですが、肌のザラつきは改善してきて、潤い度は増してきました。ただ、黒ずみが治るまではまだまだといった感じです。

2ヶ月後

脇黒ずみ0-7

1ヶ月では変化を感じることができなかった黒ずみですが、1ヶ月半~2ヶ月あたりから、確実に薄くなってきているのを感じ始めました。使用前は脇全体にあったポツポツも、ほとんどなくなりました。

3ヶ月後

脇黒ずみ5-6

使用前と比べると確実に黒ずみが薄くなったのが分かると思います。まだじゃっかん黒ずみは残っているので、完璧に黒ずみをなくすには、もう少し時間がかかりそうですが、ノースリーブは今年から気兼ねなく着れそうです。

 

肌のザラつきやポツポツも、今はほぼないので、あと2ヶ月くらいピューレパールを塗り続けたら、元の肌にほぼ近づけると思います!

 

実際にピューレパールを使った人のアンケートでも、3ヶ月後に効果を実感する人が76%いるので、3ヶ月は塗り続ける必要がありそうです。

 

黒ずみ治療で最重要な『予防』と『改善』

byouinn-hihuka

黒ずみを治すことを考えると、どうしても、『今ある黒ずみを治す』ことだけに注目してしまいがちです。

 

ただ、黒ずみを完治させるためには、今ある黒ずみを治すのはもちろんですが、『今後黒ずみを作らない肌作り』=予防、の考え方がとても大切になってきます。

 

当サイトでは、黒ずみ治療を『予防』と『改善』に分けて両方からのアプローチの方法をお伝えします。

 

脇黒ずみの原因の特徴

なぜ、予防が大切なのか、それは黒ずみは発生したらそれで終わりなのではなく、多くの場合『発生し続けているから』です。

 

meraninn

 

黒ずみが発生する主な原因は次の通りです。

 

・日常生活による肌の擦れ

・剃毛処理などによる肌への刺激

・剃毛処理により肌が弱った状態での肌の擦れ

・乾燥状態での肌の擦れ

 

つまり、普通に日常生活を送っているだけでも、黒ずみの発生要因となってしまうのです。

 

また黒ずみの原因となるメラニンを作り出すメラノサイトは、一度刺激を受けると、一定期間メラニンを発生し続けます。

 

このように、脇黒ずみは、普通に生活をしているだけでも、発生してしまう特徴があるので、『日々、肌が擦れてもメラニンが沈着しにくい強い肌を作る必要があるのです』

 

黒ずみが出来ない強い肌の作り方

日々の生活でもメラニンを発生させないための強い肌の作り方、それは『肌の水分量を向上させること』です。

 

kakusitu-hada

肌の水分量が少ないと、外部の刺激から肌を守る角質層をうまく形成できなくなるので、バリア機能が低下します。

 

バリア機能が低下するということは、当然それだけ刺激がメラノサイトに伝わりやすくなるので、ちょっとした刺激でもメラニンが発生してしまうことに繋がります。

 

そこで肌の水分量を向上させてあげると、肌の生まれ変わり(ターンオーバー)が正常に機能しだすことで、分厚すぎず・薄すぎない丈夫な角質層が形成されます。

 

そして丈夫な角質層は刺激に強い肌を作ることに繋がります。

 

美白成分を使って今ある黒ずみを改善

hositu-nurigusuri-keshousui-kuri-mu

黒ずみを治していく方法は本当にたくさんありますが、

 

・お金をなるべくかけず

・手軽に

・着実に

 

治していきたのであれば、美白成分を使って改善していくのが王道かつオススメです。

 

美白化粧品の仕組み

meraninn

黒ずみを治すためには以下の3つのいずれかのことを行う必要があります。

 

①肌の生まれ変わりを促進し、変色した皮膚を剥がし落とす

②メラニンを排出する(メラニンを薄くする)

③メラノサイトの働きを弱める

 

美白化粧品による美白成分では、メラニンの排出とメラノサイトの働きを弱める2つの効果が期待できます。

 

また図を見ても分かるように、黒ずみは皮膚の表面だけ黒く変色しているのではなく、皮膚深部から層状に変色した肌細胞が連なっている状態です。

 

なので、黒ずみを確実に治していくためには、③メラニンを作り出すメラノサイトの働きを弱めることが非常に重要になってきます。

 

一般的に世に出回っている黒ずみケア法で、メラノサイトの働きを弱めることが出来るのは美白化粧品だけです。

 

『予防』&『改善』で黒ずみを治す

waki4

ここまでを簡単にまとめてみると、

 

・肌の水分量を上げて黒ずみが発生しにくい丈夫な肌を作る

・メラニンの排出とメラノサイトの働きを弱めることができる美白成分

 

を行うことで、単に黒ずみを治すだけでなく長期間にわたって黒ずみを再発させない、真の意味での黒ずみ治療ができることを説明してきました。

 

最後にあと一つ大切なことは、『継続すること』です。

 

美白化粧品を使うことで完治まではいかなくても、ほとんどの人が黒ずみが薄くなることを実感できます。ただ、黒ずみを治すためにはある程度の期間が必要になってきます。

 

でも、実際にはある程度の期間も続けることが出来なくて、途中で諦めてしまう人が多いです。また実際には薄くなっているのに、変化に気づきにくいというのもあって諦めてしまう人もいます。

 

まずは毎日、朝晩2回、3ヶ月続けてみてください。今回モニターしていただいた方も始めて1ヶ月は全く変化なしでしたが、2ヶ月目あたりから変化が出始めました。

 

ピューレパールを使った人のアンケートでも使い始めて、3ヶ月後に効果を実感する人が76%います。

 

人にもよると思いますが、3ヶ月毎日続けると、大半の方が何らかの変化は感じることができるはずです。

 

最後に

黒ずみを治すための方法は全て提供したので、あとは、行動するか、しないかそれだけです。

 

ぜひ一歩を踏み出して、今までできなかった、楽しみを取り返しましょう!

 

・プールや海で遊ぶ

・堂々とノースリーブを着る

・彼氏に見られても恥ずかしい思いをしない

 

脇の黒ずみを治すことは、単にコンプレックスを解消するだけでなく、性格もより明るく・開放的になることに繋がります。これは管理人も経験があり確実に言えます。

 

ぜひ、脇黒ずみ治療を、単なる黒ずみ解消の手段と考えず、より明るい人生のための投資と考えて、一歩を踏み出してみましょう!